くうななにっき。

おしらせ

約4年ぶりに、ブログ復活!
今度こそ頑張って続けます!
・・・多分。

スポンサーサイト

Posted by はち on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腎臓のお話。

Posted by はち on

まだ花見もしてないのに、桜が散り始めてめっちゃ焦ってる、はちでございます。。
今年はもう間に合わないかなぁ~???



120418_1.jpg



さてさて、本題ですが。。

先日、狂犬病の予防接種とフィラリアのお薬を貰うために、空さん、七菜さんを病院に連れて行きました。
フィラリアのお薬を貰う際には必ず血液検査をしますが、せっかく採取した血液なので、ついでにフィラリア以外の項目も検査して貰います。

去年も同じように血液検査をしてもらったのですが、そのとき、わずかに正常値を超えてしまった、空さんのCRE値。
ただ、ホントに僅かだったので特に何か対処する訳でもなく、様子見、でした。
で、今年の検査結果がこちら↓



120418_2.jpg



写真内、赤枠の「前回」欄は去年の測定値、「測定値」欄が、今年の測定値。
ちなみに青枠内の値は犬の正常値。



つまり、、、



CRE値が上がってる・・・(若干だけど^^;)



ちなみに、BUN(尿素窒素)値とは、血液中の尿素の値。
腎臓が正常に機能しているときちんとろ過されるが、腎機能が低下するとろ過しきれず、この値が高くなるそう。
そして、直近の食事内容に比較的左右されやすい値。

一方、CRE(クレアチニン)値とは、血液中に含まれている筋肉由来の老廃物で、腎臓でろ過され尿中に排泄される物質。
こちらは、直近の食事内容には、あまり左右されない値。

故に、このCRE値が上がってくると、腎機能にちょっと心配が、ってことになる訳です。

すぐに腎不全を疑うような値では全くないのですが、去年より値が上がっていることもあるので、念のため今回は追加で尿検査を受けることにしました。



結果から言うと、尿検査に関しては、「異常なし」。
尿検査での確認項目の詳細は、話を聞いたものの記憶しきれなかったので割愛しますが(汗)、血中と尿中のCRE値比も含め、結果はすべて正常範囲内だったそうです。
(詳細データはまだ受け取っていない。。)



つまり、腎臓は正常に機能している、ということ。。



では何故、血液検査でのCRE値が高かったのか?
この理由はわかりませんが、元々ゴールデンは先天的に腎不全が多い犬種では無いことを考えると、恐らく、食事内容が問題で、高タンパク、または高ナトリウム(塩分過多)だと、こういう結果になる可能性もあるとのこと。
更に、この可能性を裏付けるかのような、七菜さんの検査結果がこちら。



120418_3.jpg



今年はギリギリ正常範囲内ではあるものの、空さん同様、値は去年より、上昇。
ってことはやはり、先天的要因より、むしろ後天的要因で、かつ、2頭が同じ条件で与えられている「食事」が原因ってことに、なるのかも・・・

基本的にドッグフードメインなので塩分過多、ってのは正直考えにくい。
で、今、与えているドッグフードは「ピナクル」と「オリジン」を半分づつ。

そこでちょっと気になったのが、2種類与えているドッグフードのうちのひとつで、高タンパク・低炭水化物・穀物不使用を売りにする「オリジン」。
成分表を見てみると、「ピナクル」の粗タンパク質が22%以上と、一般的な他のドッグフードと大体同じような値なのに対し、「オリジン」の粗タンパク質は40%以上。

値の差は、約2倍・・・確かに、高いかも。。。



うーん、でも本当にこれが原因なのかな???



・・・って想像だけじゃわからないので、お医者様と相談し、まずは「オリジン」をやめて「ピナクル」だけにして様子を見、7月頃に再度血液検査を受けてCRE値が減少するかどうか確認することにしました。



緊急度は限りなく低いかもしれないけど、空さんと七菜さんの健康に、不安材料を残すようなことはしたくないからね。
という訳で、今回は徹底的に調べていこうと思います(^^)v



だから空さん、七菜さん・・・元気で長生きしてね~!

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。